Macin trash Vol.4 - ひ〜ひ〜アクロバット(PDF報告編)

2001年2月6日

以下の文と表は、業務でPDF制作を依頼された小生が、クライアントにネット上で報告した「作業日報」(?)を少し修正したものです。
同様の体験をなさっておられる方も、この広い世間にはいらっしゃるでしょう。何かの参考になればと、掲載します。

システムの準備 2001.02.01完了

ATMの4.0以下を使用している環境に、Acrobat 4 および Acrobat Reader 4をインストールすると、文字表示などに不具合が発生する。 OCF-FONTの場合、古くから使われているフォントほどこわされてしまいます(ATM4と代替えフォントがインストールされるため)。これを解消するためには、ATMのバージョンアップとフォントの再インストールが必要です。

本テストを行っているマシンがまさにそのタイプで、安定していたマシンのDTP環境の再構築を実行、現在は下記の環境です。フォントに関しては、現場の都合とは別に、CIDフォントへの移行を余儀なくされているのが現状だろうけど、きっと、その次もあるでしょう……。

PDF作成、WEBデータ作成:Macintoshのローカル環境 2001.02.05AM報告

OS Mac OS 8.6 機種は、BWG3
ATM 4.5
PDF書き出し Acrobat 4.05a
WEBブラウザ Netscape Communicator 4.7 正常に動作する。
WEBブラウザ Internet Explorer 5 これを先に起動していて、Acrobatを起動すると、Acrobatにエラーが発生。 文字が、表示されない。Explorerを終了し、立ち上がったままのAcrobatでファイルを読み込んでも文字が表示されないので、Acrobatの再起動が必要。
HTMLエディタ Dreamweaver 3.02 これを先に起動していて、Acrobatを起動すると、Acrobatにエラーが発生。 文字が、表示されない。
Acrobatを先に起動している場合は、こちらにエラーが発生する。
DTPアプリ Adobe Illustrator® 8.0J これを先に起動していて、Acrobatを起動すると、Acrobatにエラーが発生する。

PDFファイルダウンロード:Macintoshの環境と結果 2001.02.05AM報告

OS Mac OS 8.1 機種は、8100AV
ATM なし
PDF表示 Acrobat Reader4.0 Reader4.0の画面内では動作するが、メニューバーにポインタをもってゆくと、フリーズする。マシン独自の現象か調査中。
Acrobat Reader3.0
WEBブラウザ Netscape Communicator 4.7 正常に動作する。
WEBブラウザ Internet Explorer 5 上記の現象が、発生しているので、ブラウザの初期設定で、ダウンロードしたファイルを、「自動的にデコードする」のチェックをはずしておく。

PDFファイルダウンロード:Windowsローカルの環境と結果 2001.02.05AM報告

OS Windows98 (SoftWindows 98)
ATM なし
PDF表示 Acrobat Reader4.0 正常に動作する。
Acrobat Reader3.0
WEBブラウザ Netscape Communicator 4.7 正常に動作する。ブラウザ内表示もOK
WEBブラウザ Internet Explorer 4 上記の現象が、発生しているので、ブラウザの初期設定で、ダウンロードしたファイルを、「自動的にデコードする」のチェックをはずしておく。

PDFファイルダウンロード:Windowsローカルの環境と結果 2001.02.05AM報告

OS Windows98 (SoftWindows 98)
ATM なし
PDF表示 Acrobat Reader4.0 正常に動作する。
Acrobat Reader3.0
WEBブラウザ Netscape Communicator 4.7 正常に動作する。ブラウザ内表示もOK
WEBブラウザ Internet Explorer 4 上記の現象が発生しているので、ブラウザの初期設定で、ダウンロードしたファイルを「自動的にデコードする」のチェックをはずしておく。

PDF作成、WEBデータ作成:Macintoshのローカル環境 2001.02.05PM報告

OS Mac OS 8.6 機種は、BWG3
ATM 4.5
PDF書き出し Acrobat 4.05a テスト用のデザインファイルで比較してみた。
Acrobat 4.05aで書き出したファイルは、176K、Illustrator® 9.0Jで書き出したファイルは、276K、形式は4.0もしくは5.0とある。あれあれ!!
Adobe Illustrator® 9.0J
DTPアプリ Adobe Illustrator® 9.0J これを先に起動していてAcrobatを起動すると、Acrobatにエラーが発生する。

結論としては、やはりAcrobatできっちりと設定して書き出した方がいいということになる。

PDF作成、WEBデータ作成:Macintosh BWG3 2001.02.06PM報告

Adobe Illustrator 9.0Jで、 DTPデータを開き、Illustrato7.0互換ファイルを作成し、開けたり閉めたりしていたためか、知らぬ間に「Adobe PDF」ファイルが壊れてしまっている。昨日、Soft Windows をむちゃくちゃつかったからかな?本日現在で、一番最新であろうPDFの作成方法の根本ファイルがいかれてしまった。(再インストール、3回目にして復旧)

OSとアプリケーションの関係はもとより、Adobeソフト間でもバランスがあるらしい、さらに他社ソフトとの関係も…。

平素より考えている、「目的別マシン」がやはり必要なんだろうなと痛感します。テストマシンのシステムはまだまだ、予断を許さぬ状況です。

記:内田憲志